第2回  溶接ヒューム環境測定について


※測定の対象となる作業

金属アーク溶接作業(具体的には、以下の作業が挙げられます)                                                            ①金属をアーク溶接する作業(Mig溶接・Mag溶接・Tig溶接も対象です)                                                              ②アークを用いて金属を溶断し又は、ガウジング刷る作業(燃焼ガス・レーザービームを熱源とする作業は対象外となります。

※測定方法

測定時には、2名の作業者を選定していただき、サンプリングポンプを約1時間、装着して頂きます。                                                       この約1時間の間に溶接作業を行ってください。                                                                                  (1時間ずっと溶接を行う必要はなく、他の作業をしても構いませんが溶接作業場には居て頂きます。)

※申込み

測定の実施日時につきましては、2022年2月~3月の予定です。

組合員の皆様へは、FAXにて案内(12月15日付)を送っておりますのでご確認のほどよろしくお願い致します。

令和3年 溶接ヒューム 環境測定 👈チェック

 

≪お問合せ≫

組合事務局:高志武 (098)874-1904

(公財)福岡労働衛生研究所 環境測定部 辻本慎治 090-1161-6364

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です